医療保険調剤報酬事務士の資格とは?

医療保険調剤報酬事務士の資格

医療保険調剤報酬事務士というのは、数ある調剤事務の資格のうちの一つです。
ならば、調剤事務の資格名によっては、権限であったり仕事内容も変わるのかと思いますが、そういうものでもありません。
調剤薬局などで受付や、事務としてレセプトコンピューター入力の業務をする点も、他の調剤事務の資格を持つ人と変わりありません。
単に、登録名が異なるというだけで、調剤事務の資格はどれも変わりませんし、調剤事務の業務を行える知識を持つことを証明する点も同じです。
医療保険調剤報酬事務士というのも、あくまでひとつの登録名であり、調剤事務の資格として他のものに劣っているわけでもないし、勝っているわけでもないです。
なぜ、同じ権限の調剤事務の資格でも、いろいろと複数の資格名があるのでしょうか。
それは調剤事務の資格は民間資格であり、調剤事務の資格を発行している団体も複数あるので、発行元により調剤事務の資格名も異なるわけです。
ちなみに医療保険調剤報酬事務士の資格は、医療保険学院検定委員会という団体による資格です。

 

↓↓↓たのまな調剤薬局事務はこちら↓↓↓

調剤薬局事務講座(合格保証付き)

調剤薬局事務講座(合格保証付き) 教材

調剤薬局事務講座は初心者の方でも最短2ヶ月で医療保険調剤報酬事務士資格の合格を目指す合格保証付き講座です。

≫詳細ページ

調剤薬局事務講座+コンピュータセット

調剤薬局事務(合格保証付き)+コンピュータセット教材

調剤薬局事務講座+コンピュータセットは調剤薬局事務講座に調剤コンピュータスキルを追加したセット講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料で調剤薬局事務の資料が手に入る↑↑↑

 

どこで学んだかによって異なる調剤事務の資格の一つ

調剤事務の資格を取るために通信講座を利用したり通学したりするかと思いますが、どこで学んだかによって得られる調剤事務の資格名が異なるのは、関連した団体が異なるためです。
たのまな調剤薬局事務講座の場合には、医療保険学院が関連しているので、そこの認定資格である医療保険調剤報酬事務士を目指すことになるのです。
調剤事務の資格を取って、それで仕事をしようという人にとっては、資格名によって何かしら不利があったり、例えば給料面でも違いが出てくるのかと疑問が湧くかもしれません。
資格名による差別というのは、調剤事務の仕事をするにあたって心配する必要はないです。
要は調剤事務の知識をどこで学んだか、それによって資格名が変わっているにすぎないものですから、医療保険調剤報酬事務士だから不便だとか融通してもらえることではありません。
例えば、とある会社の大卒の新入社員が、出身大学によって給料が変わるというのは考えにくいことです。
それと同様に、調剤事務の資格の場合も、資格名によって差をつけられることもないでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ